アパートの玄関ドアからの隙間風を防ぐ方法。簡単で効果的な対策

寒い冬になると、玄関ドアの隙間から入ってくる冷気にお困りの方も多いと思います。隙間に手を当ててみると、外気の冷たい風がヒューヒューと感じられます。せっかく室内を暖房しても、玄関からの冷気で暖房効率も落ちてしまいます。
そこで、玄関ドアの気になる隙間風を防ぐ方法をご紹介します。アパートやマンションに暮らす方でも手軽にできる方法ですので、部屋の断熱のためにさっそく試してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生活が潤うサイドテーブルをDIY!簡単な作り方

ソファーでリラックスしている時、「すぐ手の届くあたりに飲み物や雑誌を置けたら便利だな。」と思ったこと...

浴室の換気扇が故障?修理や交換の目安をご紹介

浴室の換気扇の調子が悪くなったらどうしますか?まずは掃除?それでも、改善しない場合は修理が必要かも知...

布団収納に適した押入れのサイズとは?布団の収納方法について

布団収納によく使われている押入れですが、なんだか布団のサイズと合わないような…?布団はどのように...

土間コンクリートの補修にかかる費用や仕上げ方法、注意点

土間コンクリートがひび割れてしまった場合、見た目が気になるのもそうですが、大きなひび割れの場合はすぐ...

一人暮らしの女子大学生の部屋を、可愛くおしゃれにしたい

春から一人暮らしを始めている女子大学生の人はたくさんいると思いますが、住んでいる部屋を見せてもらうと...

モデムやルーターを収納するときは熱暴走に気をつけましょう

モデムの収納をしたいけれど、熱がこもってしまうのが心配…そんなときにはここに収納するといいですよ。...

巾木を白にして後悔しがちなこと。失敗しない巾木の色の選び方

家を新築する時には、壁のクロスや床材などにも悩みますが、巾木の色についても悩む方が多いと思います。壁...

コンセントを増設するなら屋外のどこがいい?設置のポイント

屋外にコンセントを増設したい!という方も多いのではないでしょうか。外で電気が使えれば…と思う機会...

新築の注文住宅購入にかかる費用の平均と購入費用の計算方法

「夢はマイホーム」という人にとって新築の注文住宅を購入するためにはどのくらいの費用がかかるのか、一番...

ドアクローザーの調整が必要?ドアが閉まらない時の原因と対処法

ドアがしっかり閉まらない!それはドアクローザーの調整が必要なのかもしれません。ただ「ドアクローザ...

ベランダの手すりの高さは決まっている?2階建て住宅の場合

ベランダの手すりの高さは決まっているもの?手すりの高さを高くしたいと思ったときにはどのような対策がで...

マンションの騒音…苦情の手紙よりも管理会社に連絡がおすすめ

マンションにすんでいる上の階の子供の騒音がひどいから手紙で困っていることを伝えたいのだけれど、直...

アパートの1階で虫にお困りの方へ!虫対策のためにするべきこと

アパートやマンションの1階に住むようになってから「虫がよく出るなぁ」と感じている方はいませんか?それ...

整理整頓の後はラベルシールを自作してオシャレを格上げしよう

調味料や洗剤などの容器を統一して、整理整頓する方が増えています。容器を統一させることで、生活感が...

部屋の換気口を塞いでいいか悪いかは別としてとりあえず塞ぐ方法

 部屋の換気口を塞ぎたい!  特に冬は、冷たい風が入り込んでくるし、暖房費が高くなる! ...

スポンサーリンク

アパートの玄関ドアの隙間を防ぐための方法

アパートの玄関ドアは、見た感じ隙間があいていなくてもわずかな部分から隙間風が入ってきていることがあります。隙間風は足元を冷やし、暖房費が高くついてしまうこともあるので、気づいたら「隙間テープ」を貼って対策するようにしましょう。

機密性をアップさせる隙間テープ

隙間テープは、スポンジやゴムでできているテープで隙間風が入ってくるドアなどに有効です。風が入るのを防いでくれると共に、ドアの開け閉めの音や、外からの騒音も和らげてくれます。虫対策にもなります。接着剤いらずで簡単に貼ることができるので、一人暮らしの方や女性の方でも気軽に使うことができます。価格帯も1000円前後で安く手に入れることができます。

家にあるもので代用になるもの

とりあえず家にあるもので隙間を塞いでしのぎたい場合は、梱包材のプチプチとマスキングテープがおすすめです。ガムテープやセロテープなど粘着性の強いテープだと、開け閉めがしにくかったりドアの塗装がはがれてしまうことがありますが、マスキングテープであれば剥がしやすいです。プチプチで隙間をおさえてマスキングテープで留めれば簡単に隙間風対策ができます。

アパートの玄関ドアに上手に隙間テープを貼るコツ

  • ドア付近をきれいに掃除する
    隙間テープを貼るところにゴミやホコリがあると、テープを上手く貼ることができず、密着度も下がってしまいます。まずは大きいゴミやホコリは取り除いて、ドアにも汚れがついているので濡らして固くしぼった雑巾などで拭き取ります。水分が残っていても粘着性が下がるので、完全に乾かしてから貼るようにしましょう。
  • ドアとテープのサイズを揃える
    ドアに対して隙間テープが短かったり長かったり、幅が足りなかったりすると、隙間風を防げなかったりドアの開け閉めが上手くいかなくなってしまうので、きちんと採寸をしてドアとテープのサイズを揃えることが重要です。

アパートの玄関ドアの隙間テープが劣化してくると効果も落ちる

  • 隙間テープは取り替え必須
    隙間テープはつけたら終わりではなく、汚れ、水分が溜まってくる場所でもありますので、時間が経てば経つほど劣化してきます。劣化してくると隙間風を防ぐ効果が落ちてしまいますので、効果を感じなくなったら早めに新しいものに取り替えるようにしましょう。劣化しているものをそのまま貼り続けていると、剥がしづらくなったりシール跡が残ってしまうおそれもあります。
  • 効果を長持ちさせるために
    とくに玄関ドアは毎日開け閉めを行うので隙間テープの劣化は仕方がないですが、効果を少しでも長持ちさせるためにできることはあります。例えば結露が発生したら拭き取るようにしたり、ドアを雑に開け閉めしないようにするなど。またボロボロになりにくく耐久性があるタイプの製品もありますので、そういったものを選ぶのもおすすめです。

冷たい玄関ドアの対策にドアの断熱性を高める

隙間テープで隙間風対策をしても玄関から冷気が入り込んできて寒い時は、ドア自体に断熱材を貼るという方法があります。

ドアの素材自体が冷気を取りこみやすい材質でもあるので、断熱材を使うことでドア越しに通ってくる冷気を抑える効果があります。

とくに玄関ドアがすぐリビングに面している部屋には効果的です。

ホームセンターなどに断熱シートや、断熱用の発泡スチロール板が売っているので探してみましょう。カットして、ドアのサイズに合わせて貼り付けます。
貼り付け方は、マグネットで取り付ける・両面テープで貼る方法がありますが賃貸であればマグネットが良いでしょう。

上からデザインリメイクシートなどを貼れば、おしゃれに仕上げることもできます。

簡易的なものなら梱包材であるプチプチや100均ショップでも購入できるアルミシートを使うと良いでしょう。見た目は微妙になりますが、寒さ対策を優先したいのであれば、安く済みますし便利です。

玄関からの冷気が気になるときには断熱のためのカーテンを

隙間テープ、断熱材の他にも玄関からの冷気をおさえる対策として、断熱性のある「間仕切り」を導入するのもおすすめです。

とくに玄関とリビングが繋がっているお部屋、二重ドアがないお部屋には必須といっても良いです。

  • 断熱カーテン
    機密性に優れた素材の断熱カーテンを玄関とリビングの間に間仕切りとして使う方法です。突っ張り棒式のレール付きのものなら、賃貸でも壁に穴などを開けることなく気軽に設置できて便利です。女性でも問題なく簡単に設置が可能です。宅配便など、来客者が来たときにお部屋を見えなくできるという点でも良いですね。柔らかい布製でスリット付きなら両手がふさがっていても行き来することができます。カーテンをするとしないとではエアコンの効き目がだいぶ変わってくるということもあるので、少々値が張ってもしっかり厚みのある断熱性の高いカーテンを選ぶのがおすすめです。
  • 断熱スクリーン
    断熱スクリーンであれば見た目もスマートです。冬だけに限らず、夏は熱気を遮断してくれる効果のあるものなら年中使うことができます。透け感のある素材なら部屋に重みを感じさせず、日中も適度に光を通すのでインテリアの面から見てもおしゃれでおすすめです。