洗濯物を干す場所を新築で確保!快適にするための設置のポイント

洗濯物の干す場所は新築だと自分の好み通りに設置することができます。
洗濯は主婦にとって毎日のことなので、ストレスにならないためにもスペースを確保するべきでしょう。

そこで、新築で洗濯物を快適に干す場所の設置のポイントについてお伝えしていきましょう。

洗濯物は外干しできるスペースだけではなく、新築だからこそ部屋干しにも最適な場所を考えておくのがおすすめです。
ぜひ参考にあなたの生活の動きをよく考えて設置場所を決めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を早く乾かすコツ!アイロン・ドライヤー・新聞紙を使おう

洗濯物を部屋干ししていると、洗濯物がなかなか乾かずに困ることがあります。洗濯物を早く乾かすには、一体...

洗濯物が乾かない時にエアコンで早く乾かすコツと干し方のルール

夏のジメジメとした季節には、部屋干しした洗濯物がなかなか乾かないとお困りの方は多いと思います。洗濯物...

洗濯物の部屋干しはエアコンのドライ機能で時短!早く乾かすコツ

雨の日や仕事で帰宅時間が遅くなる時などは洗濯物を部屋干しする機会が多くなります。洗濯物を部屋干しする...

油汚れに効く重曹!服についてしまった油汚れを落とす方法

服についてしまった油汚れに重曹が効くと言われていますが、時間が経ったものでも効果はあるのでしょうか?...

過炭酸ナトリウムは洗濯機の掃除に使える!掃除の手順と注意点

衣類の洗濯をする洗濯機自体も、綺麗な状態に保っておきたいものです。洗濯機の掃除をするときに過炭酸ナト...

スエードジャケットは自宅で洗濯ができる?洗濯の方法と注意点

衣替えをしたらスエードのジャケットが汚れてる?汚れていないと思って片付けていた衣類も、時間が経つと汚...

毛玉の対処方法!コートについて毛玉はクリーニング店がおすすめ

コートに毛玉がついたらどうしていますか?とりあえず手で引っ張る?毛玉の対処方法としてこの方法が最もN...

洗濯物を干す時間帯で最適な時間は?洗濯物の乾燥について

洗濯物を外に干す場合、何時から何時までに干すと一番乾きがいいのか、時間も気になるところです。...

洗濯物を夜干しすると臭いが付きやすくなる原因と対処法

洗濯は朝にして、屋外に干しておくとよく乾きますが、仕事でどうしても夜にしか洗濯ができないというご家庭...

黒カビが服に!?そんな時に出来るクリーニングのやり方

梅雨などでジメジメしている時期は、気がついたら、黒カビが服に発生してしまっていたなんてこともあります...

毛玉だらけのコートを復活させる方法について知りたい

コートを何度か着ていると、気がついた時に毛玉だらけになっているなんてことはありませんか。そのよう...

スポンサーリンク

新築で洗濯物を干す場所を設けるなら洗濯機置き場の近くにすること

洗濯物を干す十分なスペースがない、天気が悪いと乾きが悪い、洗濯機から干す場所が不便、など洗濯物のストレスというのは多いものです。

洗濯物は毎日のことなので、それらのストレスも諦め半分でやっているでしょうがこれから新築を考えているなら、洗濯物の不満を解消できるチャンスです。

洗濯物を干す場所、広さ、その空間の環境を考慮して新築を建てると、洗濯物の負担が減り、効率良く洗濯物ができます。

そこが確保できると天候に左右されることなく洗濯物が気持ちよく干すことができますね。

脱衣所を広くし空いた一角で洗濯物のスペースを作るのも良し、脱衣所の横に洗濯物専用スペースを作るのも良し、様々なアイディアがあるでしょう。設計士やモデルハウスなどのアイディアを借りながら、快適に洗濯ができる空間を考えてみましょう。

新築で洗濯物を干す場所はサンルームがあると便利

洗濯物を干す場所に便利なサンルーム

洗濯物を外干しすると天候によって外に干せない事がある、花粉や排気ガス、虫などが洗濯物に付着してしまうなど様々なトラブルがあります。
室内干しもまた、洗濯物を干す場所が限られている、半乾きが気になるなど、洗濯物の悩みが尽きない主婦も多いことでしょう。

これから新築を検討している方にオススメなのが、サンルーフです。
サンルーフがあれば、外干し、室内干しの悩みが一気に解消されます。
洗濯物を干す場所の確保、自然光の力で乾かせる、花粉や虫の付着がない、天候に左右されないなど、全ての悩みが解決されることが期待できます。

またサンルーフは室内に開放的な空間を作れるということもメリットです。

新築なら外でも天候に左右されない洗濯物を干す場所を確保できる

天候に左右されない干す場所

新築を建てるならこだわりたい部分は様々です。
ですが、多くの主婦が共感できるのが洗濯物の干す場所の確保ではないでしょうか。

「天候に左右されない洗濯物の干す場所」
私達主婦にとってとても良い響きですよね。

これからせっかく新築を考えているならこんな憧れの場所を確保しましょう。

室内に洗濯物を干す場所を確保するなら、洗濯機に近い場所がオススメです。

脱衣所のスペースを広く確保し、その上に洗濯物を干す場所を確保するパターンは定番です。
ですが、最近の新築では脱衣所の隣に、脱衣所と同じ位の広さで洗濯物を干すスペースを確保しているパターンをよく目にします。

上からポールを吊るし、洗濯スタンドを置いても十分なスペースがあります。
それに、少しでも陽が入るよう小窓や換気扇も完備しております。

これこそが、まさに天候に左右されない洗濯物を干す場所の確保なのではないかと思えるほどでした。

それでも外に干したいと言うからもいるでしょう。
私も天気良い日なら外でカラッと干したいです。

天候に左右されないという意味でしたら、屋根付きウッドデッキやテラスを完備すると多少の雨くらいなら外干しができるでしょう。まだ新築を建てる前ですので、考える分には自由です。
予算や使い勝手など考慮しながら、できるだけ理想の新築になると良いですね。

浴室乾燥機を活用して洗濯物を乾かすこともできる

洗濯物を浴室に干す

浴室乾燥機を利用するという手もあります。
お風呂場にポールを設置し、浴室乾燥機を回しながら洗濯物を干すと乾きが早くなります。

ただし、注意点があります。
お風呂場をできるだけ乾燥させた状態で洗濯物を干さなければいけません。
お風呂場の壁、床、天井などの水分をタオルやモップなどで拭き取ってください。

また、お風呂の戸を締め切るのではなく、少し空気の通り道を作ると洗濯物の乾きが早くなります。

家族がお風呂を使っていない時間に干さなければならないので洗濯物をする時間帯に制限がかかってしまうのは難点かもしれませんが、洗濯物の乾きを早めるためには便利です。
新築を考えているなら、このような手段もあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

洗濯物を干す場所は新築の段階でよく考えて設置場所を決めましょう

新築設計の段階からよく考える

干す場所は狭い、洗濯機から遠い、使い勝手が悪いなど不満は後からボロボロと出てくるものです。

新築の準備段階で自分で間取りや広さなど決められます。
でも、素人の私達にとって図面だけではわかりかねることが多いのです。

新築を建てても、こうすれば良かった、ここまで頭が回らなかった、という意見を多く耳にします。

家事面倒ナンバー1の洗濯物は特にシュミレーションをしながら不満がないよう、よく考えて設置場所を決めましょう。

専門家や新築のお友達などより多く意見に耳を傾け、理想通りの洗濯物を干す場所を確保してくださいね。
それができるとあなたの洗濯物ストレスもなくなることでしょう。