クエン酸や重曹で洗濯機を掃除?ドラム式の掃除に適した洗剤は

クエン酸や重曹はエコでナチュラル系の洗剤として注目されています。また様々な場所で使えたり、汚れを落とすだけでなく消臭効果も期待できると人気です。

では重曹やクエン酸を利用して、ドラム式の洗濯機を掃除することはできるのでしょうか?

ここではそんな疑問に対して、またドラム式の洗濯機の掃除に適している洗剤についてご紹介をいたします。洗濯機の汚れが溜まらないように、定期的に掃除を行ってくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風呂釜掃除の方法!1つ穴のフィルターの取り外しもご紹介

風呂釜掃除は定期的に行っていますか?追い焚き機能がついている浴槽は、追い焚きのためにお湯が釜の中を循...

窓拭きのコツ!新聞紙を使って窓を綺麗に掃除するコツやポイント

窓拭きは掃除の中でも面倒な掃除の一つです。新聞紙を使って掃除をすると良いと聞きますが、一体どうやって...

庭の掃除をしたら運気が上がる理由と掃除のポイント

自宅のリビングやトイレやお風呂の掃除は毎日するという方でも、庭の掃除までは毎日しないという方もいらっ...

窓拭きで洗剤の代用で使えるアイテムは?窓を綺麗に掃除する方法

小さなお子さんがいるご家庭では、窓拭きの掃除をするときに洗剤ではないもので掃除をすることはできないか...

窓拭きを簡単に!スクイジーを上手に使うプロのテクニック

窓拭きを面倒だと感じたことはありませんか?大掃除の際もついつい後回しにしてしまったり、汚れているのが...

スポンサーリンク

クエン酸や重曹はなぜ汚れを落とすことができるのか?その理由

洗濯と言えば、クエン酸と重曹。汚れ落としによく使われます。ドラム式の洗濯機にも、この2種類の洗剤で、洗濯機の中にある汚れをよく落とすことができます。

その理由は、重曹についていえば、洗濯機につきやすい、体から出る垢などの汚れを落とせる力を持っているからです。汚れた服についている成分を分解する要素が重曹にはあります。だからこそ、洗濯機の中にある汚れは重曹で落とせるのです。

プラス、クエン酸は、洗剤汚れを落とせます。重曹でも、洗剤によって生じた汚れは落とせません。

重曹が落とせない汚れ、洗剤関連の汚れは、クエン酸で落とす。これで、ドラム式の洗濯機の中にある汚れは綺麗に落とせるのです。

また、重曹やクエン酸は嫌な臭いを消す効果もあります。洗濯物についている嫌な臭い、ドラム式の洗濯機についている鼻につく汚れ、両方を落とす効果もプラスしてあります。汚れだけではなく、悪臭も取れるなんて、お掃除をしてるかいがありますね。

クエン酸や重曹はドラム式洗濯機の掃除にも使用できるかについて

クエン酸と重曹の洗浄の効果だけを見たら、その効果はドラム式の洗濯機にも適しています。ただ、実際には使わない方がいいです。

例えば、クエン酸をドラム式の洗濯機の洗浄に使うと、金属の部分は残念ながら錆びるので、不向きです。ですので、クエン酸の洗浄能力はあるにはあるのですが、ドラム式の洗濯機には、向いていない、別の種類の洗剤を使用した方が、洗濯機に変な故障も起こらないというのが適切な答えになると思います。
重曹も、そのまま使用すると、実は洗濯機がつまり、故障の原因になることがあります。汚れは確かにとってはくれますが、そんな障害が生じます。ですので、ドラム式の洗濯機には、重曹はあまり使用しない方が良い、他の洗剤の方があっている、というのが、適切な答えだと思います。ドラム式の洗濯機の仕様書にも、恐らくクエン酸と重曹は使用しない方が良いと書かれています。その方が洗濯機を故障させなくて済みます。洗浄力はありますが、別の洗剤を使用しましょう。

クエン酸や重曹以外でドラム式洗濯機の掃除に向いている洗剤

クエン酸と重曹が、ドラム式洗濯機には、向いていない洗剤。では、どんな洗剤を使って、ドラム式洗濯機をお掃除するべきなのでしょうか。

ドラム式洗濯機は洗濯槽クリーナーを使用する

恐らく、あなたが使用しているドラム式洗濯機には、「このタイプの洗濯槽クリーナーがお薦め」という様な、推奨洗剤があります。それを利用して下さい。お店にも洗濯槽クリーナーが売っているので、それでも構いません。でも、より適しているのは、あなたが今持っている洗濯機のメーカーが薦めているタイプのものです。どちらか迷ったら、メーカーが推薦している洗濯槽クリーナーを選んで、ドラム式洗濯機を掃除するようにして下さい。

洗濯槽クリーナーを購入したら、掃除をするにも、時間がかかります。洗濯槽クリーナーを入れて、3時間くらいそのままにすることもあります。時間がある時に洗濯槽のお掃除をするようにして下さい。お湯と混ぜて洗濯槽クリーナーを使用することになります。

ドラム式洗濯機の掃除方法

ドラム式洗濯機をお掃除する方法は、普通の洗濯の時と違い、洗濯槽掃除用のコースを選んで、洗濯槽をお掃除します。

上記でも説明した、洗濯槽クリーナーを利用して洗濯槽を洗う場合は、洗濯機によっても異なるかと思いますが、槽洗浄コースというコースを選んでお掃除をします。水が溜まったら、洗濯槽クリーナーを入れて、そのまま放置して、脱水をさせて、それで終了です。プラス、乾燥をさせて下さい。

ただ、洗濯機によっては、槽洗浄モードがない場合があります。その場合は、いつも使用しているコースを使用して、洗濯機を使用して下さい。

上記の事をするだけで、ドラム式洗濯機の洗濯槽も随分綺麗になります。重曹とクエン酸は使用しませんが、代わりに洗濯槽クリーナーでも十分にカビなどの汚れは取れます。一つ購入して、早速ドラム式乾燥機の中にカビなどを綺麗にして下さい。

ドラム式洗濯機使用の注意点について

ドラム式洗濯機を見たら、あら、汚い。早速、掃除をして、中にある汚れを取らなくていけません。上記でも、洗濯槽クリーナーで洗濯槽を綺麗にできる事、紹介しました。逆に、重曹やクエン酸は金属が錆びたり、詰まったりするので、洗濯機の掃除の使用にはあまり適しません。プラス、粉石鹸も重曹と同様、質が「粉」なので、詰まりやすいです。なので、洗濯槽のお掃除には、「粉」関連の洗剤は使用しない方が洗濯機は故障しません。
粉関連の洗剤は使わないようにする。これが、洗濯槽の汚れを取る際、最も注意しなくてはいけない点だと思います。つまるので、故障の原因になります。それよりは、上記でも紹介している通り、洗濯槽クリーナーを使い、故障を予防しつつも、洗濯槽を綺麗にして下さい。

また、洗濯槽以外の箇所も汚れます。その汚れも定期的に掃除するようにして下さい。洗剤を入れる投入口なんて特に汚れやすいです。50度くらいお湯を入れたら、洗剤が溶けます。その方法で、その箇所の汚れも定期的にとって下さい。

残念ながら、クエン酸と重曹は、ドラム式の洗濯機の汚れを落とすには適してはいません。故障の原因になります。代わりに、洗濯槽クリーナーが洗濯槽の中にある汚れを落としてくれます。ですので、クエン酸や重曹にこだわらず、洗濯槽クリーナーを使用して、洗濯槽の汚れを取るようにして下さい。