アパートの防音対策【天井の場合】賃貸でもDIYが可能な方法

アパートの防音対策について、特に悩むのが天井からの音漏れです。
壁や窓は簡単に対策ができても、上の階からの天井の防音対策は自分では難しいと感じるかもしれません。

そこで、賃貸アパートでも可能な天井の防音対策についてお伝えしていきましょう。

自分でするのが大変な場合は、賃貸でできる範囲のことをプロに相談してみるのもいいでしょう。もちろん、自分の部屋の対策も大切です。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの騒音問題はどう対応すべき?騒音対策について

マンションの騒音問題に巻き込まれたらどのような対応をしたらいいのでしょうか?分譲マンションの場合はす...

アパート退去時の立会いなしはダメ、退去時のトラブルを防ごう

アパートを退去する際に、大家さんから「立会いなしで」と言われたり、どうしても立ち会いができず自ら立ち...

アパートのドアに隙間がある場合の対処方法をご紹介

寒い季節になると、どこからともなく入り込む隙間風が気になります。風が入り込む場所を探ってみるとアパー...

【アパートの防音対策】床を伝う足音の騒音には二重の対策を

アパートに住んでいると、他の住人の音が気になってしまうものです。しかし、静かに過ごしているつもりでも...

アパートの退去時の掃除どこまでかの目安やキレイにするポイント

アパートを退去するときの「掃除どこまですればいいの?」という疑問。住んでいたアパートを退去するときは...

アパートで足音の騒音について苦情言われた時の対処方法について

アパートに住んでいると、近隣の音が気になる場合があります。また逆に足音などの騒音について苦情を受ける...

大学生のアパート探しの時期は?合格後では遅いアパート探し

高校3年生になると受験のことで頭がいっぱいですが、大学に合格後のアパート探しも、実は高校3年生の冬に...

マンション一階は虫が多い?虫対策と一階に住むメリット

希望するマンションの空き室が一階だと悩みますが、その悩みのひとつに虫があります。できれば会いたく...

アパートの騒音対策!子供の出す音に苦情が来た時の対処法

アパートに住んでいると、子供の出す音に対して苦情が来ることもあります。子供の足音や声・泣き声を騒音だ...

スポンサーリンク

賃貸アパートでの防音対策は天井でも自分でできる

アパートは、自分の住んでいる部屋以外にも住んでいる人が多い集合住宅です。

そのため、深夜にはテレビなどの音量を絞ったり、ドタバタ足音を響かせないなど、物音に配慮しながら住んでいるという人も多いでしょう。

建物の構造によっては、音が気にならないようなアパートもあれば、ちょっとした音でも響いてしまうアパートもあります。

しかし生活していく上で、ある程度の音は仕方がないことです。

防音材や遮音材を天井に貼り付ける

管理会社などに注意してもらったとしても、構造が変わらなければ、音は多少響かなくなる程度で、まったく響かなくなるということは難しいですよね。そのため、上からの騒音に悩んでいる場合は、自分で防音対策を施すという方法がおすすめです。

防音材や遮音材を天井に貼り付けるという方法です。

パネルタイプやシートタイプがあり、音の種類によって得意とする材質も変わりますので、どんな音をシャットダウンしたいのかということを考え、材料を選ぶと良いでしょう。
賃貸物件でも、退去する時には、貼った防音材を剥がすだけなので、難易度としてはそう高くはありません。

アパートの天井の効果的な防音対策とは

上階から聞こえる音で気になるのが、歩く時の足音が多いでしょう。

特に、自分が静かな部屋にいると、上から聞こえるバタバタという足音が異様に響いて気になってしまうこともありますよね。

わざと騒音を出しているのではないので、注意も出来ず、でも一度気になると、些細な音でも気になってしまうこともあります。このような音は、「振動音」に分類されます。

上からの振動音や話し声は吸音材と遮音材のW使い

振動音とは、空気が振動することによって起こる音です。

振動音と共に話し声などの音を抑えるためには、音を吸収する「吸音材」と音を遮断する「遮音材」の併用が効果的です。

2種類の材質を組み合わせることで、音が気にならないくらいまで抑えることが可能です。

アパートの天井の防音対策は専門業者に依頼するのもおすすめ

賃貸アパートに住んでみて始めて、上からの音が気になるということは多いですよね。

下見の時には短い時間で分からなかったことも、実際に生活することで、色々な問題に気が付くということはよくあります。

賃貸物件の場合、上からの音が気になっても賃貸物件はリフォームも出来ないので自分が我慢するしかないと諦める人もいるかもしれませんが、賃貸でも防音対策をすることは可能です。

天井のDIYに自信がない時は業者に依頼する方法も

騒音までとはいかない生活音でも、それがずっと続くと気になって気になって自分の生活に影響が出てしまうこともあります。

音を出している相手を変えるのでなく、自分を防御するための防音対策が効果的です。

防音シートを貼る程度では音が変わらないという時は、本格的な防音工事な必要ですが、まずは大家さんに防音対策の相談をしてからということが基本になります。

大家さんがその部屋の防音対策をしてくれることもあります。大家さんから防音工事の許可が下りないという時には、賃貸物件でも出来る防音工事の範囲で出来ることを業者に依頼すると、安心です。

アパートの天井の防音対策について上階の人と相談しましょう

賃貸アパートでは、どの部屋にどんな人が住んでいるのかよく知らないまま住んでいる人も少なくないでしょう。

特に、女性の1人暮らしでは、知らない相手に挨拶するのも怖いですよね。

そのため、上階から聞こえてくる音に悩みながらも、相手に文句を言いに行くことはもちろん出来ず、誰にも相談出来ずに悶々としながら生活をしている人もいるのではないでしょうか。

上に住んでいる人も音を響かせるつもりで生活してはいないことも多いので、相談という形で話しをすれば何かしら対策をとってくれることもあります。

賃貸物件の場合は、大家さんにまずは相談して、大家さんと共に相談に行くという形が理想的です。

床に防音対策をすることで、下の階に音が響きにくくなるということもありますので、上階の人と大家さんの確認が取れて、対処してもらう方法が理想的な形です。

自分の部屋からの音にも対策をするのも忘れずに

隣の部屋の物音や、上階の物音が響いて気になるという場合、建物自体の構造上の問題ということもあります。

そのため、他の部屋の物音が聞こえるなら、自分の部屋の物音も隣接する部屋に聞こえている可能性があります。

自分ではそんなに大きな音を出して生活しているつもりがないのに、知らないところで、「うるさいな」と思われていることも。

自分が騒音の被害者だと思っていたら、実は被害者でありながら、加害者になっていたなんて考えたくありませんよね。

騒音に悩んでいるなら、自分の部屋からの音を響かせないような対策をすることがおすすめ

音が響くのは、床や壁、そして窓からがもっとも多いので、賃貸物件の場合は退去する時に原状復帰が容易な方法で防音対策するようにしましょう。

壁や床なら防音マットを敷いたり、窓なら隙間テープを貼り、音が漏れる原因となる隙間を埋めるという方法が効果的です。集合住宅に住むなら、こうした音に配慮するような対策を取ることも気持ちよく住むためには効果的です。